新宿御苑かいわい

画像


すでに満開を迎えた都心のサクラ…


御苑の西門あたりは
最寄り駅
《丸の内線・新宿御苑》
からの
お花見客のひとびとで
長蛇の列!!


今日は曇り空に気温も低くまさに
〔花冷え〕な日和です
が、
日本人はほんと好き!!
なのょネ♪


ワタシは
バスや電車の車窓や、
たまたま通りがかった処で見かけた
さまざまな咲き様のとりどりの花でも
充分に楽しめますが、

週明けに友だちと近場の花見に
出掛ける予定デス
(^ ^ゞ

画像
画像
画像
画像

順調に回復中

内科受診のよくじつに皮膚科を受診し
【帯状疱疹】
の詳しい説明をうけた上で
皮膚の水疱疹を保護する塗り薬をもらう

とにかく
抗ウィルス薬を 1日3回 7日間
きっちり飲みきり、
(必然的に 3食もホボ定時にキチンと摂るはこび)

朝・晩には外用薬をたっぷり塗布し、
ピリピリ感とかチクチク感とかの
痛みが気になったら
お腹のあたりを温かくして・・・

結果
発疹の範囲は
・当初の密集域が
 二回りほど大きくなった位と

・背中に1ポチ出来たのと
 
・脇腹あたりにうっすらと
 赤色域があらわれた
 (水疱までには至ってません、今のところ)

本日 1週間ぶり2度目の皮膚科受診では

「お腹のところは もうすぐ瘡蓋になるでしょう」

「寝られないほどの痛みも無かったというし、
 軽くすんだのでしょう」

「瘡蓋がとれて、肌が平らになったら 完治です」

「1週間後に みせて下さい」


あの土曜の晩に発見し
翌日すぐに(内科だったけど)
思いきって受診して
抗ウィルス薬をサッサと飲み始めたのが
良かったんでしょう、きっと。


今週いっぱいは
買い物散歩くらいにして
英気を養うことにしましょう。


ヘルペスvirusこんにちは

画像

クリニックのウッド・デッキ
Miniシクラメンらの右後方には
ピンクの蕾を携えた桃の木がありました


昨夜
台所仕事をすませてノ~ンビリ寛いでいたワタシ、

なんとなく
左の腹まわり(くびれの辺り)が痒く
液体かゆみ止めをテキトーに塗る、

大して効き目なく
しばらくして
また痒いから何気に服の上からかくと
?!!
痛がゆく感じたので、

服をめくり見てみると
[虫刺され]
じゃなく
[かぶれ]みたいに
細かいプツプツが2センチ程の楕円状に発してて
その下には
破線状に数ヶ所ポチ、ポチ…

とりあえずメンターム軟骨をぬって
痒みはおさまった感だけれども、

今度はなんだかピリピリ感が発現したので、

パジャマに着替える時に
よくよくよーく観察したら、

発疹は細かい水疱様…マズイ!!

これってキョーフの
〔帯状疱疹〕では?!!


今朝おきて、ピリピリ感は大して感じなかったし
発疹も広がってはない様子…


でも
たまたま近所のクリニックに
(7割方は高齢患者の、総合内科)
日曜診療してるとこがあるので
とにかく!

真偽をたしかめに受診=33

結果
〔帯状疱疹〕の診断をうけ
7日分の抗・ウィルス薬を処方された次第。


看護師さんが教えてくれた
「発疹のところが服に擦れて痛かったら
(この時期なら汗は大してかかないから)
ラップを当てて保護すると楽ですょ」

大して痛くはないけど実践しているワタシ

(かかりつけ薬局から戻り、シャワーを浴びたあと)


それにしても抗・ウィルス薬って
なかなかのHigh-priceなのネ!
(゜ロ゜ノ)ノ


だから薬局で
「ジェネリック薬への代替・可な処方箋ですが、
ジェネリック薬にしても良いですか?」
って
訊かれたのか…(^ ^ゞ


抗・ウィルス薬なんて初めての事
(インフルエンザに罹かった事もなく…)
で、
薬価も確かめず
「先発品でお願いします」と言ったワタシ…
σ(^_^;)


次があっては困りますが

(せめて口唇ヘルペスとか??)
次には
「ぜひジェネリック薬で!」
って言おぅッと!!


しかし
昨日は彼の君のお誕生日で、
今日は今日で記念祝賀式典があって。


そんな折も折、
ワタシは帯状疱疹を発症しましたとさ。

早目の買物ついでに

画像


夕方からの降雨~降雪予報をきき、
午後にするはずの買物をまえだおしてみた。

今日は31日、
[ダブル31%off] が 定番のアノ
アイスクリーム屋にも久々、寄ってみた!

やっぱり甘い!!

(新千歳空港でのソフトクリーム三昧が
懐かしく思い出される…

こくがあったり、超・後口サッパリだったり、
ソフトクリームならではの食感・舌ざわりetc.)


だけど時々、無性に食べたくなる
アメリカンなモノたち…

なんだかKFCまで食べたくなっちゃう!??

出掛けに御仁へ
「夕飯は鍋!
具材はスーパー店頭をみてから決めマス!!」

言いおいておきながら(^ ^ゞ

たぶん[牡蠣の土手鍋風]か、
それは鮮魚売場へいってからのお楽しみ!